40歳の仕事探しに大切なポイントをピックアップ

*

40歳の転職に必要な5つの流れ

 今の時代、安定という言葉は幻であり、40歳のベテランでもリストラされる危険があります。

 そのためか転職市場としても昔は30代が限界だったのが40代の人間も転職をするのが無理な時代ではなくなりました。

 しかしそれでもまだ40歳で転職をするというのは難しいことではあり、転職を考えるのであれば様々な角度から物事を考えなければいけません。
 

転職後も見据えた計画が必要

 まずは転職を考える上では、どこに転職するかよりも転職した後はどのように仕事をしていくかという将来のことを見据えて計画を立てる必要があります。

 実際に転職するとなれば環境がガラリと変わっていくため、ただ仕事を変える、得ることを考えるだけだと長続きしない可能性が高いからです。

<関連記事>
しっかりとした計画をたてる
市場価値に目を向けてみよう
転職のタイミングをはかる
身体の老化や心臓病のリスクを回避するための体調管理法を知ろう

 

求人探しで雇用条件の高望みはNG

 雇用条件を見て選ぶのは大切ですが、高望みをするのはいいことではありません。

 転職をするということは新しく新人として仕事をすることになるため、しばらくは収入が下がってしまうのは仕方がないことです。

 そして雇用条件がいいところに転職したいのであればそれ相応の実力を見せなければいけなくなるため、自分の技術と経験の釣り合いも考えて選択する必要があります。

<関連記事>
自分なりの仕事探しをする
転職エージェントのメリット
転職エージェントを活用する
 

相手に伝わる応募書類を作ろう

 40になれば履歴書は正しく書けて当然ともいえます。しかし転職で改めて書くとなると書き方を忘れているということも多いため、改めて調べなおすようにしましょう。

 職務経歴書はアピールすべき技術と経験の部分を書き忘れないか相手に伝わらないような書き方をしないようにしましょう。

<関連記事>
履歴書で見られるポイントに的を絞る
職務経歴書で見られていること
転職サイトの力を借りよう
 

面接時の態度に気を付けよう

 40ともなれば企業でも重役についている人がいる思いますが、その重役の態度のまま面接に挑めば当然のことながら採用は遠のいてしまいます。

 相手の話をしっかり聞いて、自分の持っているもののアピールをしていきましょう。言葉にすれば簡単なように見えて、実際に中高年になると中々できないことでもあります。

<関連記事>
年代問わずの定番質問とは?
面接対策でしておくべきこと
40歳が面接で行ってはいけない事
40歳の転職で外せない、給与交渉をどう進めるか
 

入社日までに体調を整えておこう

 40代は身体作りも重要な年齢になります。

 入社日に体調を崩して行けないとなるといきなり評価がマイナスからスタートとなるため、健康のために健康診断はしっかりと受けて、尚且つ無理をしないように日々を過ごしましょう。運動もして体を鍛えることもした方がいいです。
 
<関連記事>
退社に必要な手続き
入社前にもらう書類を確認
入社日の挨拶が肝心

公開日:
最終更新日:2015/10/05