40歳の仕事探しに大切なポイントをピックアップ

*

40歳の転職で外せない、給与交渉をどう進めるか

   

面接時にジャブを打っておく

 40歳でキャリアアップ転職を目指すひとにとって、応募企業との給与交渉は、とても大事なポイントです。まず、求人票の給与例を見て、自分の年収より低いものは度外視する、交渉の余地があるかどうかを見極めて、応募企業を選定するという方法があります。

 また、面接時の機会を有効活用し、給与に関する質問を投げてみるのも、一つの方法です。「給与・待遇の希望はありますか?」と聞かれたら、現在の年収を答え、それが指針になることをアピールしておきます。

 また「何か質問はありますか?」と振られたら、「私と同年代の方の年収は、どの程度なのでしょうか?評価基準とあわせて教えてください」など、差しさわりの無い範囲で質問してみることもできます。面接時に給与交渉をしようと考えている意思を、面接官に伝えておくことで、内定後の交渉が進めやすくなります。

 必ず、面接でジャブを売っておきましょう。

年収アップのための交渉方法

 やみくもに年収をあげてほしいといっても、入社前で本人の実力を見極められない時点で、交渉に応じる企業は、そう多くないでしょう。その場合、与えられたミッションに対するインセンティブについて交渉しておくと、結果として年収アップにつなげることができます。

 また、基本給は変わらなくても、諸手当や福利厚生が良くなれば、それも実質的な年収アップになるので、多角的な視野で検討することをおすすめします。ただし、賞与で調整するといわれたら、注意が必要です。

 賞与は経営状況によって、支給されないこともあるからです。給与交渉をする際に、あなたに対して採用のメリットを感じさせることも、交渉を有利に進めやすくするので、しっかり準備して、話し合いに臨んでください。

<関連記事>
年代問わずの定番質問とは?
面接対策でしておくべきこと
40歳が面接で行ってはいけない事

 - 面接に備える

  関連記事

no image
年代問わずの定番質問とは?

質問の回答は用意しておく    面接では、どの年代であっても、よくある質問が決ま …

面接対策でしておくべきこと

応募企業について徹底的にリサーチする    40歳の面接は、自分が選考されるだけ …

40歳が面接で行ってはいけない事

自分の考えに固執するのはNG  実績をあげてきた求職者は、自分のスタイルが確立し …