40歳の仕事探しに大切なポイントをピックアップ

*

入社前にもらう書類を確認

   

事前に入社書類を受け取っておく

 
 内定の連絡があったら、「労働契約書」の確認のため、一度は内定先に足を運ぶはずです。その際に、必要な入社書類は、すべて預かっておきましょう。どの企業でも必要な入社書類としては、「年金手帳」「雇用保険被保険者証「「扶養控除等申告書」「給与振込先の届書」があります。
 
 さらに扶養家族がいる40歳の場合は、「健康保険被扶養者異動届」も必要です。「源泉徴収票」については、年末調整時に提出を求める企業も多いので、確認しておきましょう。

入社日にすべて提出できるように準備する

 
 上記のほかにも、「従業員調書」や「入社誓約書」などの提出を求める企業があります。自分一人の記載でOKなものは良いのですが、「身元保証書」など、第三者の署名・捺印が必要な書類が含まれていることがあります。
 
 入社手続きに必要な書類を受け取ったら、何がいつまでに必要かをチェックし、第三者に協力を仰ぎ場合は、依頼者に迷惑がかならないスケジュールを組んで、お願いするようにしましょう。
 
 入社日当日に提出すべき書類が揃わないと、「だらしがないひと」という印象を、入社初日から与えることになります。仕事のやりやすさにも影響するので、きちんとしておきましょう。

<関連記事>
退社に必要な手続き
入社日の挨拶が肝心

 - 退職するための手続き

  関連記事

入社日の挨拶が肝心

入社の挨拶内容    初出社日には、どんな新人でも、入社の挨拶をするものです。長 …

退職前の有給休暇問題

退職時でも有給申請はできる  労働基準法第39条では、社員の出勤率が80%以上の …

退社に必要な手続き

退職届提出までの手続き    40歳であれば、その後のキャリアを考えると、円満退 …